投資初心者のブログ

投資初心者のブログ

今日の投資の勉強メモ

Y2Kともいわれた2000年7月、大蔵省(当時)から金融制度の企画立案に関する事務をも統合し1998年に発足した金融監督庁を金融庁(金融再生委員会下ではあるが)に再組織した。そして平成13年1月、金融再生委員会は中央省庁再編にともない廃止され、内閣府(旧総理府)直属の外局となった。
つまりバブル経済(日本では91年まで)とは?⇒不動産や株式などといった時価資産が市場で取引される価格が過剰な投機により実体の経済成長を超過してなおもありえない高騰を続け、最終的には投機による下支えができなくなるまでの状態を指すのである。
つまり「重大な違反」になるのかならないのかは、監督官庁である金融庁で判断するもの。大部分のケースでは、微々たる違反がわんさとあり、そのあおりで、「重大な違反」認定するわけです。
よく聞く「失われた10年」が示すのは、その国、またはひとつの地域の経済がほぼ10年以上の長い期間に及ぶ不況や停滞に襲われていた時代を語るときに使う語である。
保険業法(改正平成7年)の定めに従って、保険の取り扱い・販売を行う保険会社は生命保険会社あるいは損害保険会社に分かれた。2つの会社とも内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けている者のほかは実施してはいけないのです。
【用語】外貨MMFって何?国内において売買が許されている外貨商品。一般的に外貨預金よりも利回りがずいぶん高く、為替の変動によって発生した利益が非課税という魅力がある。証券会社で購入する。
まさに世紀末の西暦2000年7月、当時の大蔵省より大蔵省が行っていた金融制度の企画立案事務も統合し平成10年に誕生した金融監督庁を金融庁という新組織に再編。さらには2001年1月、金融再生委員会は省庁再編により廃止し、現在の内閣府直属の外局となった。
このことから安定的というだけではなく活発な魅力があるこれまでにない金融市場システムを生み出すためには、どうしても民間金融機関や金融グループ、そして行政(政府)が両方の立場から解決するべき問題にどんどん取り組んでいかなければならないのです。
【解説】外貨両替のメリットデメリット。例えば海外へ旅行にいくときまたは外貨が手元になければいけない企業や人が活用されるものである。しかし日本円に不安を感じた企業等が、現金で外貨を保有する動きもある。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
すでにわが国内で営業中のほとんどの銀行は、早くから国際的な金融規制等(市場や取引)の強化までも視野に入れて、財務体質等の一層の強化や金融機関の合併・統合等を含む組織再編成などまでも積極的な取り組みが始まっています。
知っているようで知らない。株式⇒出資証券(つまり有価証券)であり、株式に記載されている企業には株式を手に入れた(出資した)株主に対しては出資金等の返済に関する義務はないきまり。それと、株式は市場価格での売却によって換金するものである。
バンク(銀行)という単語はあまり知られていないけれどイタリア語で机やベンチを意味するbancoが起源である。ヨーロッパ最古である銀行には驚かされる。600年以上も昔の西暦1400年頃にジェノヴァ(現在のイタリア北部)で設立し、コンスルたちに運営されたサン・ジョルジョ銀行とされている。
つまりペイオフってどういうこと?防ぎきれなかった金融機関の経営の破綻の際に、金融危機に対応するための法律、預金保険法に基づき保護できる個人や法人等の預金者の預金債権(預金保険法の用語)に対して、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う事である。
つまりペイオフとは何か?突然の金融機関の経営破綻による業務停止によって、預金保険法に基づき保護される個人や法人等、預金者の預金債権に、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う事なのです。
信用格付機関(ムーディーズなどが有名)の格付けを活用するメリットは、難解な財務資料の全てを読むことができなくても評価された金融機関の財務状況が判別できる点にあるのだ。ランキング表を使えば2つ以上の金融機関を比較することまで可能ということ。