読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資初心者のブログ

投資初心者のブログ

なお継続して高騰

麻生内閣が発足した2008年9月15日、アメリカで老舗であり名門投資銀行グループのリーマン・ブラザーズが前触れもなく破綻したことは記憶に鮮明だ。この出来事が世界の金融危機の引き金になったので「リーマン・ショック」と名づけたのである。
知らないわけにはいかない、バブル経済(日本では80年代から)の意味は市場価格の動きが大きい資産(例えば不動産や株式など)の取引金額が過剰な投機により成長(実体経済の)を超過してもなお継続して高騰し、当然の結果として投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態。
知っているようで知らない。super平均足とは?⇒出資証券(有価証券)であって、株式に記載されている企業には出資した株主について返済しなければならないという義務は発生しないと定められている。それと、株式の換金方法は売却である。
日本橋に本部を置く日本証券業協会のことをご存知ですか。この協会では協会員である金融機関が行う株券や債券など有価証券に係る取引(売買の手続き等)を公正に加えて円滑にし、金融商品取引業の堅調な進歩を図り、出資者の保護を目的としている。
タンス預金ってどう?物価が上昇中の(インフレ中の)局面では、上昇分お金の価値が目減りするのです。たちまち生活になくてもよい資金であるのなら、タンス預金をやめて安全で金利も付く商品に変えた方がよい。
銀行を意味するバンクはイタリア語のbanco(机、ベンチ)という言葉が起源であるとの説が有力。ヨーロッパ最古(おそらく世界最古)の銀行はどこなのか?600年以上も昔、現在のイタリア北部のジェノヴァで生まれ、領土の統治にも関与していたサン・ジョルジョ銀行である。
平成20年9月15日のことである。アメリカの老舗投資銀行であるリーマン・ブラザーズの経営が破綻したのです。このショッキングな出来事がその後の世界の金融危機の引き金になったため「リーマン・ショック」と呼ぶようになったのだ。
きちんと知っておきたい用語。保険は、予測不可能な事故が原因で発生した主に金銭的な損失に備えて、同じような複数の者が定められた保険料を掛け金として納め、整えた積立金によって不幸な事故が発生した際に掛け金に応じた保険給付を行う仕組みです。
保険制度とは、予測不可能な事故で発生した主に金銭的な損失に備えるために、立場が同じ複数の者がわずかずつ保険料を出し合い、集めた積立金によって不幸な事故が発生した際に保険金を支給する制度なのです。
15年近く昔の平成10年12月、旧総理府の外局として大臣を長にするとされている機関、金融再生委員会を設置し、金融監督庁(金融庁)は平成13年1月に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管轄下に約2年7か月組み入れられたということを忘れてはいけない。
ここでいう「失われた10年」という言葉は本来、その国の経済、あるいは一定の地域の経済がなんと約10年以上の長い期間にわたって不況並びに停滞に直撃されていた10年のことを指す言い回しである。
【解説】FX:リスクは高いが外国の通貨をインターネットなどを利用して売買した差額によって利益を出す比較的はじめやすい取引のこと。外貨預金または外貨MMFよりもかなり利回りが高く、また手数料等も安いという特徴がある。はじめたいときは証券会社やFX会社で購入しよう。
Y2Kともいわれた平成12年7月、大蔵省(当時)から金融制度の企画立案に係る事務を移管したうえでこれまでの金融監督庁という組織を新組織、金融庁に再編。翌年の平成13年1月、98年設置の金融再生委員会を廃止し、現在の姿である内閣府直属の外局としてスタートした。
そのとおり「失われた10年」というのは、一つの国とか地域における経済活動がおよそ10年以上の長い期間にわたる不況や停滞に直撃されていた10年を意味する言い回しである。
よく聞くコトバ、金融機関の格付け(ランク付け)とは→ムーディーズなどで知られる格付機関によって金融機関など含む国債社債などの発行元についての、支払能力などを一定の基準に基づいて評価・公表します。

広告を非表示にする