投資初心者のブログ

投資初心者のブログ

大蔵省(省庁再編後財務省)から

重い言葉「銀行の経営の行く末は銀行に信用があって繁盛するか、そうでなければ融資する価値がないものだと理解されたことで発展しなくなるかのどちらかである」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)の言葉から
麻生内閣が発足した2008年9月に、アメリカの大手投資銀行グループ、リーマン・ブラザーズの経営が立ち行かなくなったことはご存じだろう。この出来事が発端となってその後の全世界を巻き込んだ金融危機のきっかけとなったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ぶようになったというのが事実である。
最近増えてきた、スウィーブサービスってどういうこと?普通預金と同一金融グループの証券取引口座で、株式等の購入資金、売却益が自動振替してくれるぜひ利用したいサービス。同一金融グループ内での優良顧客を囲い込むための作戦です。
保険のしくみ⇒突然起きる事故が原因の財産上の損失を最小限にするために、制度に参加したい複数の者が一定の保険料を出し合い、準備した積立金によって不幸な事故が発生した際に定められた保険金を給付する制度ということ。
そのとおり「重大な違反」にあたるのかあたらないのかは、監督官庁である金融庁において判断するもの。大方の場合、微々たる違反が非常にあり、それによる関係で、「重大な違反」認定することが多い。
平成20年9月、米国の最大手投資銀行のひとつであるリーマン・ブラザーズが破綻(倒産)したというニュースに世界が驚いた。このニュースがその後の世界の金融危機の原因になったのでその名から「リーマン・ショック」と名づけたのである。
このため我が国の金融・資本市場の競争力等を高める為に行われる規制緩和のほか、金融システムの更なる質的向上の実現のための取組等を実施する等、市場と規制環境の整備が着実に進められております。
【重要】株式とは、社債などと異なり、出資証券(つまり有価証券)であり、出資を受けても法律的に企業はその株主への出資金等の返済する義務はないということ。それと、株式は売却によってのみ換金できる。
よく聞くコトバ、スウィーブサービスの内容⇒今までの銀行預金口座と同一金融機関・グループ内にある証券取引口座間なら、株式等の購入資金、売却益が手続き不要で振替してくれる画期的なサービスである。同一金融グループ内での顧客の囲い込み戦略です。
最終的には「重大な違反」なのかそうでないのかは、金融庁で判断することだ。一般的なケースでは、取るに足らない違反がひどくあり、それによる作用で、「重大な違反」評価を下すわけです。
いわゆる「失われた10年」とは本来、国そのものや地域の経済活動がほぼ10年以上の長きにわたる不況や停滞にぼろぼろにされた10年のことを指す語である。
簡単?!デリバティブ⇒伝統的な従来からの金融取引、実物商品、債権取引の相場が変動したための危険性から逃れるために販売された金融商品の名称であって、とくに金融派生商品という呼称を使うこともある。
きちんと知っておきたい用語。金融機関の格付け(ランク付け)というものは、格付会社が金融機関を含む国債を発行している政府や、社債を発行している企業の持つ、支払能力などの信用力を一定の基準に基づいて主観的に評価しているのである。
Y2Kともいわれた2000年7月、大蔵省(省庁再編後財務省)からこれまでの業務以外に金融制度の企画立案事務を新たに移管し平成10年に発足した金融監督庁を金融庁という新組織として再編。翌2001年1月、98年設置の金融再生委員会を廃止し、現在の内閣府直属の外局となった。
要は「金融仲介機能」並びに「信用創造機能」と「決済機能」以上、3機能を銀行の3大機能と言われる。この機能は基本業務である「預金」「融資」「為替」さらにはその銀行自身の信用によって実現できるものなのである。