投資初心者のブログ

投資初心者のブログ

利益を出すハイリスク

一般的に金融機関の格付け(評価)とは何か、格付機関によって金融機関、そして社債などを発行する企業、それらについて債務の支払能力や信用力などをアナリストの意見をもとに一定の基準に基づいて評価するのです。
FX(外国為替証拠金取引)とは、業者に補償金を預託し、外国の通貨を売買することで利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引です。FXは外貨預金や外貨MMFより利回りが高く、また手数料等も安いというのがポイントである。はじめたいときは証券会社やFX会社へ。
まさに世紀末の西暦2000年7月、大蔵省(省庁再編後財務省)からそれまで大蔵省の中心業務の一つであった金融制度の企画立案事務を新たに移管しこれまでの金融監督庁という組織を金融庁(金融再生委員会下ではあるが)として再編。翌年の2001年1月、金融庁に業務の大半を引き継ぎ、金融再生委員会を廃止し、現在の姿である内閣府直属の外局としてスタートした。
【用語】ロイズについて。ロンドンのシティ(金融街)の世界中に知られた保険市場を指す。イギリス議会による制定法の取り扱いによって法人化されている、ブローカー(保険契約仲介業者)そしてシンジケート(団体や組合)によって構成される保険組合を指す場合もある。
きちんと知っておきたい用語。外貨両替というのは例えば海外へ旅行にいくとき、手元に外貨を置いておきたい企業や人が活用される。最近は日本円に不安を感じているためか、現金で外貨を保有する動きもある。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるので気をつけよう。
ゆうちょ銀行(JP BANK)によるサービスについては2007年に廃止された郵便貯金法に基づく「郵便貯金」の扱いではなく、銀行法(銀行に関して規定する法律である)に定められている「預貯金」に準ずる扱いのサービスということ。
ということは、第二種(第一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者が新たにファンドを作って、さらに適切に運営していくためには、恐ろしいほど数の、業者が「やるべきこと」、さらに「やってはいけないこと」が法律等により定められているのであります。
結局、第二種(第一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者がファンド(投資信託などで、資金の運用を代行する金融商品)を発売し、運営するためには、シャレにならないほど多さの「やるべきこと」、業者として「やってはいけないこと」が規則により求められているのだ。
よく聞くコトバ、スウィーブサービスとは、通常の銀行預金口座と証券取引のための口座、この2つの口座間で、株式等の購入・売却代金などが自動的に双方に振替えてくれる新しいサービス。同じ金融グループによる優良顧客囲い込み作戦なのだ。
はやぶさ」の無事帰還が話題になった平成22年9月14日、日本振興銀行(現在の商号は日本振興清算株式会社)が経営破たんしたのある。この破綻の影響で、初めてのペイオフ預金保護)が発動し、全預金者のなかで3%程度とはいうものの数千人の預金が、上限適用の対象になったのだと考えられている。
有名な言葉「銀行の運営がどうなるかはその銀行に信頼があって繁栄するか、そこに融資する価値がない銀行だという見方をされて繁栄できなくなる。どちらかだ」(引用:米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
平成10年12月に、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく外局として大臣を長にすることとした機関である金融再生委員会を設置し、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督)は2001年に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管轄下に約2年7か月整理されたことになる。
Y2Kともいわれた平成12年7月、当時の大蔵省からさらに金融制度の企画立案事務を移管しこれまであった金融監督庁を新組織、金融庁として組織を変更。翌年の2001年1月、管理していた金融再生委員会が廃止され、内閣府(旧総理府)直属の外局となったのです。
タンス預金⇒物価が高くなっている局面では、インフレ分現金は価値が下がることを忘れてはいけない。生活になくてもよい資金なら、安全性が高くて金利も付く商品に変えた方がよい。
格付機関による格付けを活用するメリットは、わかりにくい財務資料の内容が理解できなくても知りたい金融機関の経営状態が判別できる点にある。ランキング表を使えば健全性を比較することも可能ということ。